HOME > 特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

増え続けるわが国の医療費を抑制する為の対策として、平成20年4月施行の「高齢者の医療の確保に関する法律」にもとづき、“特定健診・特定保健指導”の実施が健康保険組合などに義務化されました。
“特定健診・特定保健指導”はメタボ健診ともいわれるように、内臓脂肪症候群 (メタボリックシンドローム)に着目し、生活習慣病を予防するために考えられたものです。今後、今まで健診機会のなかった被扶養者の皆さんにも、受診をはたらきかけ生活習慣病の予防対策に取り組んでまいります。

特定健診の受診方法

■特定健診の受診場所と費用の負担

被保険者(任意継続被保険者は除く)
事業者が労働安全衛生法に基づき実施される法定健康診断には、特定健診の検査項目が網羅されています。
被保険者の特定健診は、事業所が実施する健康診断の結果を受領することで代えます。
費用の負担
健康診断に要する費用は事業所に負担をお願いします。
(事業所の健康診断結果を受領することで、健診に要する労力と経費の節約となります。)

任意継続被保険者と被扶養者
受診機関 次の健康診査実施機関に委託します。
(A)健保連契約の健康診査実施機関
(B)市区町村を主体に集合契約を結ぶ健康診査実施機関
受診方法 (A)特定健診受診券を発行します。
(B)健康保険証と受診券を健診機関の窓口に提出してください。
費用の負担 無料です。ただし、規定項目以外の受診費用は個人負担です。

<おねがい>
パート先などで特定健診をうけられた場合
任意継続被保険者や被扶養者の方でパート先などで特定健診を受けた場合は、健診結果を健保組合にお送りくださるようご協力お願いします。(健保組合は特定健診・特定保険指導の推進とデータの保管をおこなう義務があります。)


基本的な健診項目 詳細な健診項目
  • 質問表(問診)
  • 身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)
  • 血圧測定
  • 血中脂質検査
    (中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
  • 肝機能検査(GOT・GTP・γ-GTP)
  • 血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c)
  • 尿検査(糖・蛋白)
(医師が必要と判断した場合)
  • 貧血検査(赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値)
  • 心電図検査
  • 眼底検査

特定健診受診後は、健診結果に基づいて階層化し情報提供や特定保健指導のご案内をいたします。
普段は忙しく、「自分は元気!」と思っていても気付かぬうちに生活習慣病の芽を育てているかもしれません。健診で自分の体のことを知り、病気の予防や生活改善をすることは、ご家族皆さまにとって大切なことです。
特定健診をぜひご活用ください。

特定保健指導の受診方法

特定健診のデータに基づき内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の該当者と予備群に応じた生活習慣の改善に向けたアドバイスと対象者自らが生活習慣を変えることができるように支援します。

■特定保健指導の受診場所と費用の負担(被保険者・被扶養者共通)

保健指導の受診機関
保健指導がおこなえる健診機関に保健指導を委託します。

利用方法 (A)特定保健指導利用券を発行します。
(B)健康保険証と利用券を健診機関の窓口に提出してください。
費用の負担 特定保健指導の窓口負担無料です。
ただし、規定項目以外の指導等は個人負担です。

<個人情報の保護について>

健康保険組合が個人データを第三者に提供する場合は、原則として被保険者等本人の同意を得る事が必要とされています。ただし、本人の同意を得る方法については、事業主への通知やけんぽだより等の広報誌で公表し、被保険者等本人から特段の意思表示がない場合には同意があったものとする「黙示による包括的な同意」でよいこととしています(厚生労働省提示「個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」より)。
特定健診・特定保健指導の実施に伴う事務処理についても、従来の健診事業と同じく事業主経由での取扱いとさせていただきます。その際、個人データの第三者への提供について本人の同意を得る方法は、前述の「黙示による包括的な同意」といたしますので、この取扱いに同意されない方は、お手数ですが、当健保組合まで事前にご連絡くださるようお願いいたします。

このページのトップへ