HOME > 健康保険とは > 被保険者となる人

被保険者となる人

加入事業所で働く人は、国籍・年齢・収入の多少などに関係なく、当組合の被保険者となります。見習い社員やパートタイマーでも、事実上の雇用関係があって一定の要件を満たしていれば、原則として被保険者となります。

被保険者の資格は、当組合に加入している事業所に就職した日に取得し、退職または死亡した日の翌日に失います。

資格取得や保険料などの手続きは、事業主が行います。

健康保険に加入すると、

  1. 被保険者証が交付されます。
  2. 被扶養者の届出をします。
  3. 保険料を毎月納めます。

このページのトップへ